PLUIE

記事一覧(24)

林檎

2月に新店舗ができ、移転することになりました。ロスでPLUIEを始めて、2013年1月1日に法人化し、2013年アメリカでネットスタート。2014年日本法人設立。日本国内ネット販売スタート。2015年神宮前直営店オープン。2018年移転拡大、、、。時間はあっという間でしたが、体感時間はそうでもないです。色々な経験ばかりが初めての経験、状態だったので、濃密で、自分の人生の中でも一番色濃い5年でした。仲間、サポートしてくれる方々、スタッフ、喜んで購入していただいている方々のおかげです。本当にありがとうございます。私は自分の世界の探求が好きです。2月からも、また仲間が増えます。みんなと共に、どこまで、どのようなもの生み出せるかを突き詰めていきたいです。PLUIEはまだまだ入り口のドアが少し開き始めたぐらいの状態ですが、これからも私たちの生み出す”新しい価値”の提唱というものは目に見えるだけではないので、視覚的、直感的、触覚的に感じてもらえればと思っております。より上質の発信ができるために私たちは『style』という勉強会をおこなっており、今回はそれをご紹介したいと思います。PLUIEでは上質な伝達者への成長のため、スタッフは色々なアーティストやデザイナーの考察やそこから生まれる自分の疑問、仮説、意見を提出してもらい私が返答をします。成長において、鑑賞時にもつ関心、疑問などの勉強、学びからの意見がとても重要だと思っていて、こういう力をそれぞれつけてほしいという考えで行なっています。例えば、一つの写真を見ても...・構図・被写体との関係・光・なぜ、この写真が好きなのか?・この空気感はどのようにして生まれているのか?・プリントの質感......等々。一つの写真でも色々な疑問が出てくると思います。色々、学びや疑問は出てきて、それはきっとこうなのかも!という、仮説が立てれる人は感性が磨かれる人である場合が多いです。それは、何気ないことでも重要なことや見逃してしまうようなことにもいつかフォーカスできるようになり、重要性をみつけ、ただ刺激的なものだけに目がいくのではなく、本質的に物事を見ることができたら、それはPLUIEにとっても重要ですし、それぞれの人生においてもきっと役に立ってくれるだろうという想いで行なっています。実際に行なっているテーマは、・「マルタンマルジェラ」のレポートと世界観への考察・映画「talk tot her」のレポートと世界観への考察・「PLUIE」のレポートと世界観への考察....他に色々ありますが、このようなものです。どのようにブランド『マルタン・マルジェラ』は生まれ、今に至るのか。それをそれぞれが調べて、自分の意見を最終的に述べるのです。それを私が返答します。これはとても興味深いです。人の内側がよくわかります。見た目は目立っていないスタッフでも、よく興味を持って頭の中で面白い世界を想像したんだなという人もいます。大事なのは視覚的な魅力をちゃんと紐解いて感じ、落とし込めているのか?ということです。今、サーベイ、リサーチは簡単です。コピペできます。やった感は出せるでしょう、自分では。でも、視覚的に叩き込んでいない人が多いのが事実です。今はネットで上質の情報が格安で瞬時に得ることができ、昔のマルタンの服も結構見ることができます。でも、やらない人が多いです。それをやっている人だけは自分の色濃いい意見が言えるんです。こういうことは、とても重要で、『視覚的情報を紐解き言語に変換できる力』と『自分の意見をのせて、相手にわかりやすく伝える力』が身につきます。お客さんとブランドを繋げるスタッフはテクノロジーが進んでも機械に入れ替えることのできない裏付けや、知識、意見を生み出す想像力がとても必要だと思います。PLUIEの創造は私の段階で終わっているのではなく、スタッフの『質』にも大きな役割があり、それは私が直接、意見交換の場面を持つことによって、より浸透力の強いものになると思われます。上質な仲間を育てるのは、PLUIEの大きな役割で私のクリエーションの大事な部分であり、また楽しみでもあります。いつかブログでも一部を公開して、お見せしたいと思います。それでは。takahashi

移転への想い

あけましておめでとうございます。TokyoのMinoriです。一つ前のBlogでお知らせ致しましたが、いつもご愛顧くださる皆様のおかげで、PLUIE Tokyoは2018年2月22日に移転し店舗を拡大しオープンする運びとなりました。移転が決定したとき、様々なことを思い出しました。2016年、5月。Yuyaさんに初めてご飯へ連れて行っていただいたPLUIE Tokyoがオープンしてすぐの日のことです。その時「PLUIEを今よりも大きくしたいんです。」と伝えた記憶があります。今思えばオープンしてすぐに発する言葉じゃなかったかもしれません。でも、「PLUIEというブランドをたくさんの方へ知ってほしい。」という思いがその当時からとても強かったのは確かです。そんな思いの中、「今できることをしていこう」とがむしゃらに駆け抜けた約1年半でした。そして2018年2月。ついに、移転し店舗拡大へ。思い描いていたことが、徐々にではありますが現実となろうとしています。これもいつもPLUIEを愛してくださる皆様のおかげだと思っています。本当にありがとうございます。これからも、皆様にPLUIEを愛していただき、更にもっと多くの人へPLUIEを伝え広めていけるようスタッフ一同がんばっていきたいと思います。まだまだこれからも走り続けていきます。

サルベーションマウンテン salvation mountain

はじめまして。今回初めてpluie blogを綴らせていただきますpluie Tokyoのnahoです。私は今、1ヶ月のバケーションをいただき3週間NY、1週間LAの旅をしています。今回は私のLAでの1日について、、わたしの旅もそろそろ終盤を迎えようとしている今日9月26日。ずっと行きたかったパームスプリングスの先ある、サルベーションマウンテン salvation mountain へ行って来ました。 高校生の頃、イントゥザワイルドという一本の映画を観ました。その映画は大学を優秀な成績で卒業し、今まで何不自由ない生活を送ってきた主人公が全てを捨てて旅に出、最後に本当に大切なものに気づくというお話です。しかも実話を基にしたお話なんです。今思うと、その映画が私を旅好きにさせてくれたのではないかと思います。その中に出てくるサルベーションマウンテン。一度見たら忘れられないカラフルなそれは映画のワンシーンだったにも関わらず高校生の私に物凄いインパクトを与えました。サルベーションマウンテンはロサンゼルスから車で約4時間ほど走ったところにあり、ソルトンシーという湖を越えて少し行った砂漠の中に現れます。ずっと行きたかったところ。目の前に立った瞬間涙が出そうでした。実物は壮大で周りに何もない砂漠と晴れ渡ったカリフォルニアの真っ青な空にぴったりでした。これを30年もの年月をかけて一人で創り上げたことを考えると本当に素晴らしいです。しかも元々、作者は宗教的メッセージを記した気球を揚げるつもりでこの地に来たのですが、気球が揚がらなかった為、代わりにこのサルベーションマウンテンを創ろうと思いついたそうです。この発想と行動力、そして執念が合わさって出来たものだから余計に感慨深いです。2014年に作者が亡くなり、それでもなお彼の作品を大切に保管しようとたくさんの人が守っています。今日も猛暑の中、一人の男性がペンキを丁寧に塗り直していました。映画のワンシーンで「人間関係だけが、人生の全てではない。神様は世界のあらゆるところに楽しみを散りばめている。だから、もっと旅に出ないと」という言葉があります。まだたくさんの国に行ったことはないけどこれからも旅をして行きたいと今日改めて思いました。カリフォルニアの大地にそびえ立つこのサルベーションマウンテン。今日行ってみてたくさんのパワーをもらいました。実際目にして見ないとその素晴らしさはわからないかもしれません。でも私の写真から皆さんに何か少しでもメッセージが伝わればな、と思います。